薬剤師求人サイトランキング|転職サイト比較はこちら

薬剤師求人サイトランキングはこちら!


薬剤師 転職サイトへの登録は全て無料です!

薬剤師求人サイトランキングで1位。
日本最大級の薬剤師求人情報サイト「薬キャリ」

 

薬キャリは、
グループ会社も合わせると、薬剤師の登録者数が10万人以上で、
業界最大規模の薬剤師専門の転職サイトです。

 

登録したその日に最大10件の求人紹介が可能で、高年収の求人も多数あります。
早期に好条件で転職を考えている方はまず登録をすると良いサイトです。

 

求人数は約31,000件、非公開求人も常時8,000件以上を保有しています。
地域別・業種・雇用形態などから、希望にあった求人を検索することが可能です。

 

優秀なキャリアコンサルタントは満足度が97%と素晴らしく高く、
薬剤師の転職先探しから転職後まで様々な場面をサポートしています。

 

サポートだけではなく、希望をしっかりと聞き取りをして求人の紹介をしているので、
転職後のの満足度も93.6%と非常に高く、求人にミスマッチがないことがわかります。
  ↓  ↓
薬剤師転職なら「薬キャリ」

薬剤師求人サイトランキングで2位。
リクルート運営の薬剤師専門の転職サイト「リクナビ薬剤師」

 

リクナビ薬剤師は、
「リクナビNEXT」などで有名なリクルートによる薬剤師専門の転職サイトです。
求人総数は35,000件以上、リクルートならではの非公開求人も多数あります。

 

毎日30件以上の薬局やドラッグストア、病院や企業等の求人が追加され、
登録をした翌日には平均5件の求人の紹介があります。

 

薬剤師業界の専門知識があるキャリアアドバイザーが多数在籍していて、
丁寧なカウンセリングにより、80.4%の方がほぼ希望にあった転職に成功しています。

 

求人のご紹介はもちろん、面接の設定、勤務条件の条件交渉まで
リクナビ薬剤師があなたの代わりにしてくれます。
  ↓  ↓
リクルートの薬剤師専用サイト「リクナビ薬剤師」

薬剤師求人サイトランキングで4位。
マイナビグループが運営をする薬剤師転職サイト「マイナビ薬剤師」

 

マイナビ薬剤師は、
35年以上の実績があるマイナビグループが運営をする薬剤師専門の転職サイトです。
特徴としては、顧客満足度が94,6%と非常に高いところです。

 

求人数は非公開求人も含めると約36,000件にもなり、
好条件の非公開求人も14,000件と多数あります。

 

転職サポートでは、薬剤師専門のキャリアコンサルタントがひとりひとり面談を実施して、
親身になって相談を受けてくれます。

 

始めての転職や仕事に復帰を考えている方は一度登録して、相談してみてはいかがでしょうか。

 

北海道から九州まで日本全国10カ所にオフィスがあり、
50%の方は実際に足を運んで相談、面談を行っています。

 

キャリアコンサルタントは実際に調剤薬局・ドラッグストア・病院・企業を訪問し、
現場の様子や雰囲気、人間関係なども把握しているので、納得をして応募ができます。
  ↓  ↓
薬剤師専門の転職支援サイト「マイナビ薬剤師」

近年の医療業界に関しての傾向は…。

薬剤師というものは、薬事法がその規定を定め、規定の内容というのは、都度改定されるようなことが予想されるため、薬事法を学び知識を持つことが必須といえます。
現時点において、サラリーに納得できない薬剤師というのは多いわけですが、もっと下がることを考慮し、少しでも早く転職を希望する薬剤師は増加傾向にあります。
1月以降のシーズンは、薬剤師さんにとって、転職をボーナス後に決めて行動を始める方や、4月にするように、転職を検討する方がいっぱい現れる頃であります。
子どもが入園し、小遣い稼ぎで現場復帰するケースが多数という薬剤師さんですが、家事や子供の世話を大事に考えているので、アルバイト・パートとして復帰を希望する人がとっても多数います。
必要とされることが多くなったのは、コミュニケーションをよりスムーズにとるという、接客関係のスキルではないでしょうか。薬剤師という職業も、患者さんに面と向かって対応する実態に転換してきているのです。

近年の医療業界に関しての傾向は、医療分業という体制にもより、こじんまりとした調剤薬局があちこちにでき、直ぐ使える人材を、まず優遇するような傾向が顕著になってきました。
基本的に転職サイトのコーディネーターは、医療現場に詳しい人で、条件交渉の代行とか、時折、薬剤師の皆さんが持っている悩みの解消ができるようにサポートしてもらえることもあるでしょう。
もしあなたが、「高い年収をもらいたい」と心底思うという場合でしたら、調剤薬局に籍を置く薬剤師があまりいない地方の辺鄙な地域などで勤務するという選択もございます。
求人案件を収集してくれるほか、転職時の諸手続きなどの支援を行ってくれますから、薬剤師を専門とした転職サイトは、転職希望者に大変便利です。また、初めて転職をするという時にも大変役に立つでしょう。
最近は、アルバイト用の薬剤師向け求人サイトとか、大別した薬剤師職の求人案件のほか、正社員以外専用の求人サイトに注目が集まるようになっていると聞きます。

中心地から離れた辺鄙な土地に勤めれば、ひょっとして新人薬剤師という立場でも、日本の薬剤師がもらっている年収の平均額を200万アップさせた額から勤務を始めることもできてしまいます。
薬剤師専門転職サイトへの登録を済ませると、専門家が、会員のみが見れる求人案件を含む極めて多い求人情報をチェックして、ぴったりの求人を見つけ出して案内します。
大体が、薬剤師について平均の年収金額というのは、500万円程度と言われておりますので、薬剤師としてそのキャリアを積み上げれば、高給をもらうこともありえるのではないかと想定できるのです。
非公開の求人案件を確認したければ、薬剤師用転職サイトをチェックするべきです。企業から広告費を得るなどして運営していることから、求職者の側はタダで使用できるみたいです。
別個に希望する条件に適合させて働きやすいように、契約社員やパート、勤務に当たる時間等にいろいろな区分けを設定して、薬剤師が楽に転職できるようにし、勤務しやすい職場環境を設定しています。