薬剤師が円満退職するためのコツ

円満に退職するにはどうしたら良いかと、頭を抱えている人も多いのではないでしょうか。
本記事では、薬剤師の退職のタイミングや切り出し方・理由・退職届について等、円満退職のための方法について詳しくご紹介していきたいと思います。

円満退職のために適したタイミングとは

いつ退職の話を切り出すかというのは円満退職のために非常に重要となります。
法的には退職前2週間前に伝えても問題ないのですが、実際には引き継ぎや人員補充の関係もありうまくいきません。
できるだけ早く、遅くても1ヶ月前までには退職する旨を伝えるようにしましょう。
一般的には、次の就職先が決まった翌日というのが挙げられますね。

 

退職タイミングとしてもう1つ気をつけるべき事は、繁忙期を避ける事です。
同僚に迷惑をかけないようにするためにも、比較的落ち着いている時期に退職すべきだと言えます。

 

円満に退職するための流れ

志望先へスムーズに移行するためにも、まずは退職前に薬剤師転職サイトに登録し、次の職場を探してみましょう。
晴れて内定をもらったら、退職する1ヶ月以上前には直属の上司に伝えると良いです。

 

一般的には対面ですが、職場が遠隔地にある等、諸事情のある場合は、電話で退職の旨を理由と共に伝えます。
この時、退職理由がネガティブにならないように、注意してください。

 

仮に、人間関係や給与への不満、また、スキルアップが見込めないといった本音があったとしても、直接言わずに表現を変えて伝えてみましょう。
表現をポジティブなものに変えるだけで、ガラッと印象も変わります。

 

次に退職届についてです。
転職・退職を考えている薬剤師の方の中には、退職届けをどうすべきか心配している方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、一般的に薬剤師が退職する時に退職届はいらないのです。
退職する旨を直接伝えれば、あとは総務や人事が手続きをしてくれます。

 

最後に、これは薬剤師には限りませんがお世話になった方にあいさつを済ませておきましょう。
薬剤師として働く以上、退職後も関わる可能性のある方はいらっしゃるでしょうし、もし関わりが無いとしても、社会人として今までのお礼をきちんと伝え、円満な関係を築いておくべきですよね。

 

まとめ

今回は、薬剤師が円満退職するためのコツを、様々な角度からご紹介しました。
理解のある職場だとしても、急な退職の申し出は非常に迷惑ですから、円満退職するためにも礼節をわきまえましょう。
今回ご紹介したコツを参考に、退職のスケジュールとタイミングをしっかりと考え、失礼の無いように話を進められると良いですね。
自分にとっても元の職場の方々にとってもスムーズで円満な退職となれるよう頑張ってください。