薬剤師が退職までにすること

退職届を出した後、退職までにするべき事は何でしょうか。
短い期間ですが、重要になってくるのが仕事の引き継ぎとお世話になった方々へのご挨拶です。
本記事では、薬剤師が退職までにすることとして重要な、引き継ぎと会社へのご挨拶に焦点をあて、詳しくご紹介していきたいと思います。

薬剤師の仕事の引き継ぎ

仕事の引き継ぎといっても、何をしたら良いのか分からない方がほとんどでしょう。
ここでは、薬剤師の仕事の引き継ぎをスムーズに行う方法についてご紹介します。

 

1.引き継ぎの予定を立てる
2.前任者からもらった資料や入社時の資料を参考にする
3.総体的な説明の資料から作成する
4.業務内容をフローチャートで表す
5.ToDoリストを作成する

 

まずは、引き継ぎにかかる時間や身の回りの整理にどれ位時間がかかるのか考え、大まかな引き継ぎ計画を立てます。
次に、手持ちの資料などを参考にし、新たに引き継ぎ資料を作っていきます。
資料を作るときのポイントは、具体的な説明から入らずに総体的な説明からしていくことです。

 

また、業務内容を時系列に表したフローチャートを作ったり、ToDoリストを作ったりする事で、より後任の方へ分かりやすく伝える事が出来ます。
本当にフローチャートやToDoリストが使いやすいかを自分で使用して確かめる事も忘れないようにして下さい。
できるだけ後任者に迷惑をかけないようにしたいものですよね。

 

会社関係者への退職挨拶

引き継ぎが終わったら、いよいよ退職の挨拶です。
お世話になった方が多いほど挨拶の機会が多かったり、大勢の前で挨拶をしたりしますよね。
そのような場では、頭が真っ白になって何を話すべきか分からなくなる人も多いかもしれません。
そこで後半は、退職時の挨拶のコツをご紹介したいと思います。

 

1.退職する日を濁さずにはっきりと伝える
2.退職理由は簡潔に
具体的には、結婚や出産以外で詳しく理由を述べる必要は無いでしょう。
一身上の都合とまとめて問題ありません。
3.入社年数と印象に残っている事を述べる
4.経験をもとに今後の豊富を述べ、感謝を伝える
印象に残っている事を話す事で、感謝の言葉にもつながりやすくなりますよね。
これらを参考にして考えてみて下さい。
間違ってもネガティブな発言はしないようにしましょう。

 

まとめ

今回は、薬剤師が退職までにすることとして、仕事内容のスムーズな引き継ぎ方と会社関係者へのご挨拶についてご紹介しました。
どちらも大変そうには見えますが、今までお世話になった会社の方々のためにもしっかりと行いたいものですよね。
今後も薬剤師として働くなら、いつどこで元の会社の方と関わることになってもおかしくありません。
良好な関係を壊さずに退職できるよう、頑張って下さい。