退職したい理由から導く!〜薬剤師が転職する利点〜

皆さんは、今の職場に何かしらの不満を持っていますか?
人間関係ややりたいこととのギャップ、給与の面など、全ての現状に満足している方は、ほんのわずかではないでしょうか。
とはいえ、簡単に転職に踏み切れない場合も多いですよね。
そこで今回は、現状の見直しと、薬剤師が転職する利点とポイントについてお話しします。

今の職場は本当に退職すべき所?

薬剤師が転職する利点やポイントについてお話しする前に、現状、今の職場が本当に退職するに値する職場なのかどうか、考えてみる必要があります。
転職したからといって、全てが改善するわけではないからです。
「それなら、転職する意味がないのかな?」と思う方も多いかもしれません。

 

しかし、すこし立ち止まって考えてみましょう。
冒頭でもお話したように、現状に満足している方は、ほんのひと握りと言っても過言ではありませんよね。
なぜ、そうなってしまうのでしょう?

 

それは、周囲から見るとどれだけ良い職場でも、長い間同じ環境にいると、何かしら不満を持ってしまうのが、我々人間だからです。
転職理由としてよくある、人間関係の悪化を例に挙げ、ご説明します。

 

誰しも、忙しい時や心に余裕がない時、通常ではありえないような言動をしてしまった経験があるのではないでしょうか。
そういった事が各々積み重なると、長い間働き続ける中で、職場の環境が悪い方向へ進んでいく事はよくある話です。
すると、些細な事に対する不満が、お互い出てきてしまうものです。

 

しかしそれは、コミュニケーションコストが高い現状を打破すれば、改善していく事もあり得ない話ではありません。
この場合、自分から歩み寄ったり、時には厳しい意見を述べたりする等、何かしらアクションを起こしてみて、それでも改善が見られなければ、転職を考えてみるとよいでしょう。

 

このように、転職する前には、現状を打破する一手を打ってみる事が大切です。
そうでなければ、転職してもまた同じ事の繰り返しになってしまいます。

 

最終的に転職を決意したら、次のステップとしては、待遇面や人間関係等を含め、より良い職場環境のお仕事を探していきます。

 

ここで皆さんに考えて欲しいのは、何が自分にとって一番大切な条件かという事です。
例えば皆さんが、今の職場の給与に対して不満を持っていて、次の職場を給与の高さで選んだとします。
すると、次の職場では、給与は高くてもその他がうまくいかないかもしれません。

 

その時皆さんなら、「給与が高いから」と我慢することができるか、「給与が高くても辛い、辞めたい」と思ってしまうか、どちらになるかを冷静に考えてみてください。
すると、我慢する事ができる方は給与の高さが本当に一番の条件になるでしょうし、そうではない方は一番の条件は給与面ではないという事が分かります。

 

そこで皆さんには、次の章で、薬剤師が転職するメリットをご紹介しながら、自分にとっての転職の際の一番の条件を考えて頂きたいと思います。

 

大切なのはやっぱり給与?

転職する際に多くの方が持つ不満はやはり、給与面についてです。
そのため、給与の高い職場を見つけられる事を強みにしている転職サイトも、数多くあります。

 

例えば「リクナビ薬剤師」では、年収200万円アップの実績が多数ある事が強みです。
「ファルマスタッフ」では、時給4000円などの高収入派遣案件がある事を強みにしています。
「ファル・メイト」では、時給5000円以上の求人が多数ある事を強みにしています。

 

このように、給与面の改善が期待できることが転職のメリットのひとつです。
実際、給与面について重要視する方も多い中、上記転職サイトは一見の価値があるのではないでしょうか。

 

その際にチェックしたいポイントは、労働時間や残業代・ボーナスの有無です。
「給与が高い職場を選んだはずが、労働時間が長く、時給換算したら安かった。」というのがよくある失敗談です。
労働時間やボーナスを含めて、本当に給与が高いのか計算してみる必要があるかもしれませんね。

 

大切なのは人間関係?

転職したいと考える理由に、人間関係を挙げる方も多くいます。
毎日のように顔を合わせ、何時間も一緒に過ごす方との相性は、やはり大事ですよね。
転職するメリットは、このような人間関係をリセットできるところにあります。

 

5年連続ご利用者満足度1位の「マイナビ薬剤師」、お客様満足度95%の「薬キャリ」であれば、多くの職場から自分に合った環境を選ぶ事ができるかもしれません。

 

その際には、実際に職場を見に行き、従業員の話を聞いてみると良いかもしれません。
皆が笑顔で働いているなど、「ここで働きたい!」と思える環境かどうか、一度自分の目で確かめてみると良いかもしれませんね。

 

大切なのはやりがい?

転職したいと思う方の中には、今の職場ではやりたい事とのギャップを感じてしまうという方もいると思います。

 

例えば、「お客様の顔を見て仕事をしたい」と考えているのに、処方箋に従って薬を出すだけになってしまっているという方もいるかもしれません。
そのような場合には、調剤薬局よりもドラッグストアで働く方が、やりがいを感じられるかもしれません。
このように、自分がやりがいを感じられる職場に就く可能性が高まるのも、転職のメリットです。

 

理想と現実とのギャップに不満を持っている方は、まずは自分の理想はどのようなものかと、具体的に考えてみる必要があるかもしれません。
その上で、今の職場には何が足りないのか、どのような職場がいいのかを考えてみる必要があります。

 

上記の例でいくと、調剤薬局から調剤薬局へ転職するよりも、調剤薬局からドラッグストアへ転職した方が、理想と現実とのギャップを埋められるかもしれません。
このように、今、調剤薬局で働いているからといって、次も調剤薬局へ転職することが正しいとは限りません。
自分の理想を叶えるためにはどこで働くべきか、考えてみると良いでしょう。

 

その上で、各転職サイトの強みを活かして、転職先を探してみてはいかがでしょうか。
例えば、調剤薬局や病院、企業の登録数が一番多いのは「薬キャリ」ですし、ドラッグストアの登録数が一番多いのは「マイナビ薬剤師」です。
比較的バランスよく登録されているのは「リクナビ薬剤師」です。

 

このように、やりがいを求めて転職する場合は、自分の理想について再構築してから転職先を探す必要があります。

 

大切なのは教育システム?

薬剤師になりたての方や出産や育児など、ブランクのある方にとって、大切なのは教育システムですよね。
まだ右も左もわからない、薬剤師になりたての方や、久しぶりの復帰で少しずつ思い出しながら働きたいという方にとって、一人で仕事をする時間が長かったり、指導してもらえなかったりすると、とても不安ですよね。
薬剤の処方は、少し間違えてしまうだけで人の命に関わりますし、保険などについては実際に現場に立たないと分からない事もあります。
その中で教育システムがしっかりしていないのは、薬剤師になりたての方やブランクのある方にとって、あまり良くない環境かもしれません。
その場合、転職は自分がこれからも薬剤師として働いていくために必要な決断かもしれません。
このように、自分の将来やブランクのバックアップが期待できる環境を探せるのも、転職のメリットです。

 

教育システムがしっかりしているかどうかは、各転職サイトを参考にするのも良いですし、働きたいと思った職場に、実際に足を運んで聞いてみるのも良いかもしれません。
教育システムがしっかりしていても、指導者が合わないという場合もあります。
「この職場なら自分は成長できる!」と感じられる職場か、一度、自分の目で確かめてみると良いかもしれませんね。

 

まとめ

これまで、現状の見直しと、薬剤師が転職するメリットやポイントについてお話ししてきました。
皆さんにとって転職する際の条件は何か、決まったでしょうか。
転職はある程度のリスクを伴いますが、失敗しないためには「転職して良かった」と思えるような譲れない条件を持つ事です。
転職して後悔しないためにも、自分にとって何が大切なのかを考えてみましょう。
皆さんの譲れない条件を参考に、転職サイトで情報収集してみましょう!