薬剤師が転職するのに良い時期

いざ転職しようと思っても、今すぐ転職していいものなのか、もう少し待つべきなのか分からないという薬剤師の方はいらっしゃいませんか?
そのような悩みを解決し、転職活動をスムーズに進められるよう、本記事では薬剤師が転職するのに最適なタイミングについてご紹介したいと思います。

1年の中で薬剤師が転職する最適な時期

薬剤師の転職は、1年の中でいつ頃が良いのでしょうか。
ここでは2つの時期を挙げていきます。

 

1つ目は求人の多い1月〜3月です。
この時期には病院や企業でも募集している場合が多々あり、高収入や高待遇が期待できます。

 

しかし、求人が多いと当然、倍率も高くなります。
それを見越して、他の人よりも1歩早く、11月頃から準備を始めておくのがベストでしょう。

 

2つ目はボーナスをもらった後の1月、7月以降となります。
この場合は、ボーナスをもらった後に退職できるかどうかをあらかじめ確認しておくことが大切です。

 

次の章では、1年スパンではなく、長期スパンの中で転職に有利になるのはどのような時期か、ご紹介していきたいと思います。

 

長期スパンにおける薬剤師の転職に最適な時期

薬剤師として働く中、1回仕事をやめてしまったり、女性の場合、出産や育児が重なったりする事もあるでしょう。
長期スパンで見た場合、そのような出来事もあり得ますよね。
こういった場合、転職する最適な時期はいつになるでしょうか?

 

まず、ブランクを空けないことが大切になります。
ブランクを空けすぎると面接で不利になったり、焦ってあまり納得のいかない条件でも承諾してしまったり等、良い事がありません。
ですから、ブランクを空けてしまうよりは、できるだけ早めに転職活動を始め、次に向かった方が得策と言えるでしょう。

 

ちなみに、25歳〜30歳は転職がスムーズに出来ると言われています。
実際、実務経験を積んでおり、未経験な職場へ挑戦できるこの年齢は、全体的に見て最も転職に良い時期です。

 

また、女性の場合は妊娠して退職し、育児がある程度落ち着いたら転職するという方が多いです。
結婚後、残業の少ない職場に転職する方も多いですね。
いずれにしても現職場に迷惑をかけないようにするため、転職する際には3ヶ月前に話を切り出すようにしましょう。

 

円満に退職し、自分も前の職場の方々もすっきりとした状態で先に進みたいですよね。

 

まとめ

今ご紹介してきたように、薬剤師が転職するのに良い時期はいくつかあります。
本記事を参考に転職活動を進めていくのがベストですが、職場の辛い環境を我慢してまで良い時期を待つ必要もありません。
「今の仕事を辞めたい!」と思った時に我慢できるようであれば最適な時期に、無理そうであればすぐに転職活動を始めていきましょう。
ぜひ、周囲との関係や今後の人生を考え、良い転職先や時期を選んでください。